ジョシュア・ツリーに囲まれて


 ロサンゼルス空港から約3時間弱、そして風車で有名なパーム・スプリングスからだと約1時間くらい車を走らせればU2のアルバムジャケットにもなったジョシュア(ヨシュア)・ツリー国立公園に着きます。



東京都の大きさの1.5倍ほどある公園の入口は東西にあり、また公園内には3つのビジターセンターとネーチャーセンターが1つあります。とにかくビッグサイズなのと、園内にはガソリンスタンドはないので入園前にガソリン補給を済ませておきましょう。そしてソノラ砂漠とモハベ砂漠が園内で出会う公園なので、著しく乾燥しています。飲料水の確保と日焼け止め対策は怠らないようにしましょう。




園内の道路は、状況によって通行禁止になっていることもあります。訪れる前にはJoshua Tree National Parkの公式サイトを訪れて情報収集もしておくと安心です。

https://www.nps.gov/jotr/index.htm

入口またはビジターセンターで地図を入手したら園内をドライブ。ビジターセンターのパークレンジャーに聞けば、見どころを教えてくれます。
東側はソノラ砂漠で、おもにクレオソート、チョラ・カクタスやオコティロなどが生えています。標高が高いのは西側のモハベ砂漠で、ジョシュア・ツリーが群生しています。このジョシュア・ツリーの群生のほかに公園の特徴のひとつとなっているのが1億年に冷えて固まったマグマが浸食されて出来た巨岩群です。公園内は一種独特の雰囲気で、まるで異星に来たかのような錯覚に陥ることでしょう。




園内にはキャンプ場もありますが、昼夜の気温差が激しいことを念頭に準備をするといいでしょう。星空を見たくて夜まで滞在するのなら暖かくする準備をしておきましょう。(*ただし公園内に夜通し車を停めたり車中泊はできません。)標高が高い地域では冬だと気温がマイナスになることもあり、夏だと照りつける日差しが厳しいうえに気温は40度を超えることもざらにあります。観光するならサボテンの花が咲く3月~6月がオススメです。公園のサイトにも閑散期は夏で、ピークシーズンは春と出ています。




公園でもらえる地図にはトレイルと呼ばれる周回ルートとそれぞれの見どころが記されているので、見どころをまわるといいでしょう。公園へは車ばかりでなく徒歩、自転車、バイク、それに馬に乗って入ることもできます。

園内のアクティビティもトレッキング、自転車、バードウォッチング、乗馬、など多様で、特にロッククライミングは許可されている場所が多く、これを目当てにやってくる人も多いのだとか。













USAエクスプレス
USAエクスプレス

  • ロサンゼルス
  • パームスプリングス
  • ジョシュア・ツリー
  • サボテン
  • カクタス
  • 国立公園
  • ナショナルパーク
  • 自然